南佐久中部森林組合

TEL:0267-92-2070受付:08:00〜17:00 休日:土.日.祭日

組合の概要

名称 南佐久中部森林組合
代表者 代表理事 黒澤 和夫(常勤)
所在地 〒384-1105
長野県南佐久郡小海町大字千代里3166-1
連絡先 TEL0267-92-2070
FAX0267-92-2075
設立 昭和56年3月2日
出資金 37,343,000円
組合員数 1,277人
役職員数
役員 17名 (理事14名、監事3名)内常勤組合長1名
事務職員 11名 (男8名  女3名 内パート1名:平均年齢40才)
技能職員 27名 (男27名 :平均年齢34.2才)
技能職員(臨時) 1名 (週2日「カラマツくんの製造」:49才)
 沿 革
昭和 56年 3月 小海町森林組合と北相木村森林組合が合併し南佐久中部森林組合発足
昭和 60年 5月 南佐久中部森林組合と南相木村森林組合が合併

事業等の概要

当組合は長野県の東部、南佐久地域のほぼ中央に位置し小海町、北相木村、南相木村の3町村を管轄する組合です。組合管内の森林面積は20,421ha、うち民有林14,800ha、(72.5%)国有林5,621ha、(27.5%)であり3町村の全土面積23,657haに対する森林面積の割合は86.3%と森林率の高い山村地域である。管内の民有林の人工林率は70%となっており、その93%に当る9,630haがカラマツ林となっています。それにより、当組合では従来カラマツ林の搬出間伐事業を主に行ってきました。平成20年以前はカラマツ材の需要が少なかったため、年間の素材生産量は3,000㎥程となっていましたが、平成21年から合板、LVL等への出材を始めたことによって、令和元年度では平成20年以前の約6.5倍、19,359㎥となっています。近年カラマツ林の多くが11齢級から12齢級の成熟した林分に育ってきたことにより、今後の事業の主体は、搬出間伐から主伐へと移行しつつあります。しかし、木材価格の低迷が続き、森林所有者の経営意欲が低下している現状において、如何にして主伐後の再造林を行い、確実にカラマツ林を次世代へ引き継ぐことができるかが、今後の重要な課題となっています。

令和2年度主要事業の年間取扱量

更新伐8.78ha・主伐24.96ha・搬出間伐45.01ha・地拵28.66ha・植栽22.69ha・補植10.79ha・下刈45.85ha・忌避剤散布35.8ha・木材生産量16,411㎥・カラマツ燻薪 1.64t

令和2年度事業総取扱高

562,923千円

 

<< 前のページに戻る